「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

脚本家土屋さん25キロ痩せました!!(代表者会議での土屋さんの発言)

  3つのポイントにそって書いていきます。第1に、「小さな蟻の群れ

が巨像に挑む」~この作品は、廃棄物扱いされた非正規社員たちと大企業

の物語である~ 第2に、主人公、五味洋介と家族の絆の物語である。その絆

は最初から太く強いモノではない。時には切れそうになりながらも数々の

苦難を乗り越えて固く強いモノになっていく。第3に、主人公五味の成長

物語でもある。自分がモノ扱いされた「個人的な怒り」を、利潤追求の為に

非正規を生み出した政財界のもくろみに対する「社会的な怒り」に昇華させ

ていく。以上の3点を踏まえ、弱肉強食を容認する社会への怒りの映画に

したい。宜しくお願い致します。(続く)

 

 

f:id:eiga-haken:20180703132357j:plain