「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

「対談 現代の争議生活者を語る」より 3

田島 まだおうかがいしたいこともあるのですが、私ばかり

お聞きしましたので、いちおうの区切りにしまして、今度は

山口さんの方からいかがでしょう。

山口 私は田島さんの『争議生活者』、最初に三作目を読んで

それから一、二と読んだのです。たまたまそういうふうに。

読後の感想はいろいろとあるのですけれども、小説の筆者が

小説の中に登場してくるわけですね。これになるほどと思いました。

よく映画に監督がちょっと出てくるのと似ていますよね。面白い

というか、企画のユニークさを感じました。特に物語の中で、著者

がなぜ小説を書くのかを問われ、著者が書く人の気持ちを説明

しているのですね。納得させられました。先日、NHKのインタビュー

番組に松本幸四郎さんが出演していました。歌舞伎をやる目的は、

何のためにやっているのですか、との質問に対して幸四郎さんは

「歌舞伎は観客に観てもらって希望を与えたい」というのです。

小説『続・時の行路』の中で作者が登場し、「現実がどんなに

厳しくても、どこに希望を見出すかを探り、小説は読者を幸せに

しなければならないんです」と語る場面がありますね。あっ、小説と

歌舞伎と一緒ではないかと驚きました。作家の田島さんと歌舞伎俳優

松本幸四郎さんが言っていることが一緒なので、なるほど、文学

とか芸術というのはそういうものなのだ、と考えさせられました。

今まで全く考えもしなかったことでした。

田島 ありがとうございます。(続く)