「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの『時の行路』『続 時の行路』『争議生活者』(新日本出版社)原作の映画「時の行路」に関するブログです。映画「時の行路」ついに完成しました。スタッフ 企画・中西繁 音楽・池辺晋一郎 脚本・土屋保文・神山征二郎 監督・神山征二郎 今春(2020年)公開。全国で30万人動員目指して頑張りましょう!

エキタスの新宿アルタ前大街宣でのお二人のスピーチ

 労働問題に取り組む若者グループ「エキタス」が東京・新宿

駅前で行った「すべての働く人たちのための新宿アルタ前大街宣」

(17日)。その時のお二人のスピーチを紹介します。

〇働く人の命と健康守る法律を~過労死したNHK記者佐戸未和さんの

 母親 佐戸恵美子さん~

 NHKで報道記者をしていた娘の美和を過労死で失いました。今も

娘を守れなかった後悔と喪失感で苦しんでいます。

 亡くなる直前1か月の時間外労働は209時間。その前月は188時間

でした。上司は、”記者は時間管理ではなく、裁量労働で、個人

事業主のようなもの”といって、まるで美和が悪いようにいいました。

 200時間もの残業を野放しにしたのは、制度を乱用した労務管理

怠慢による人災です。ところが、NHKは”過労死は労災認定されたが、

自分たちは法律違反はしていない”という考えで、本当に反省している

のか疑問です。

 みなさん、生きることができなかった未和の分まで、生きてやって

ください。

 娘はかけがいのない宝、生きる希望でした。私たちと同じ苦しみを

背負う人が二度と現れることのないよう、働く人の命と健康を守る

法律をつくっていただきたいと切に願っています。

〇高プロ先取りの働き方した夫~小児科医の夫が過労自殺 中原のり子

 さん~

 参院の中央公聴会で、二度と過労死をおこさないでくださいと訴え

ました。ところが、自民党渡辺美樹議員からは、”週7日休めばいいのか”

というような侮辱的な発言が出てきたわけです。

 私の夫は、19年前、総合病院の小児科部長になって半年後に、病院の

屋上から投身自殺しました。44歳でした。

かつて、「小児科医は自分の天職なんだ」といっていた夫は、亡く

なる前には「馬車馬のように働かされている。病院に搾取されている。

病院に殺される」とつぶやいていました。

 高度プロフェッショナル制度(残業代ゼロ制度)は、労働時間概念を

取っ払った固定給です。私の夫も、高プロの先取りのような働き方をして

いました。

 「過労死はあってはならない」ということで、4年前に過労死防止法が

できました。高プロは、過労死防止法違反です。みなさんの健康、命を

守るために、高プロはあってはいけません。