「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

ワタミ創業者、過労自殺遺族に”働くのは悪いことか”と発言

 しんぶん赤旗3月15日号の3面に上記記事が出ていましたので紹介します。

 13日の参院予算委員会中央公聴会で、目を疑いました。「働き方改革」を

めぐる公述人質疑で、自民党からワタミ創業者の渡辺美樹議員が質問に立った

のです。同日の公述人には、過労自殺で夫を亡くした中原のり子氏(東京

過労死を考える家族の会代表)らが出席していました。

 居酒屋チエーン「和民」を展開するワタミでは、2008年6月、入社2か月の

女性社員=当時(26)=が自殺。時間外労働が付き140時間を超える過酷な

長時間労働が原因だったとして、12年に労災が認められています。

 渡辺氏は質疑で、「私も愛する社員を亡くした」と強調したあと、「国会の

議論を聞いていると、働くということが悪いことのようだ」「国を挙げて

”働くな、働くな”というようではいけない」などと発言。「働くということ」

について質問しました。

 公述人の東京過労死を考える家族の会代表の中原のり子さんは、「仕事と

命を比べれば命を大切にすべきだ」と答えました。

 渡辺氏はさらに、長時間労働をいっそう深刻化するとして過労死遺族らが

強く反対している高度プロフェッショナル制度について、希望する労働者も

いるとして導入を主張しました。

 働く人の命を奪う長時間労働が深刻な問題になる中、国会の議論を「働く

ということが悪いことのようだ」と愚弄し、高プロ制度の導入を歓迎する

渡辺氏。「愛する社員」を亡くした反省は本当にあるのでしょうか。よりに

よって”ブラック企業”の創業者をこの問題の質疑に立たせた、自民党の見識

も問われます。