「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの『時の行路』『続 時の行路』『争議生活者』(新日本出版社)原作の映画「時の行路」に関するブログです。映画「時の行路」ついに完成しました。スタッフ 企画・中西繁 音楽・池辺晋一郎 脚本・土屋保文・神山征二郎 監督・神山征二郎 今春(2020年)公開。全国で30万人動員目指して頑張りましょう!

埼玉・浦和で4月4日(土)に試写会、実行委員会結成へ!

 2月10日、映画「時の行路」埼玉県上映実行委員会準備会の準備会という位置づけで、打ち合わせがおこなわれました。昨年12月から3回目になります。この打ち合わせは、埼労連・伊藤議長を責任者とし、事務局は埼労連・常任幹事の諸井さん、山崎さんですすめられました。他の参加者は、埼玉映画文化協会の舟橋さん、JMITU埼玉地本・門井委員長、泉田書記長、越谷で準備をすすめている渡邊さん(全国推進会議にも参加)、「特別会員」の製作上映委員会・生熊組織部長でした。

 実行委員会結成に向けて、呼びかけ人、実行委員になっていただく方への案内を早急に準備することにしています。同時に、「試写会」をおこなうことで弾みをつけようと、4月4日(土)13時30分から浦和駅東口の目の前にある浦和コミュニティーセンター第15集会室(パルコ9階)でおこなうことを決めました。

 呼びかけ人候補の具体的な人名をあげ、要請書と試写会のご案内を大至急送ることに、また、実行委員になってもらいたい方を中心に試写会に参加してもらうことにしました。当日は、上映と同時に製作上映委員会・生熊組織部長に映画の見所や裏話をかんたんに話してもらうことも決めました。

 埼玉県全体で15,000人の観客動員を目標にします。そのため、4月4日には、埼玉県実行委員会を正式に結成します。県実行委員会としての仕事は、①さいたま地区労とも協力して、県庁所在地のさいたま市での上映を大きく成功させること。②地域上映を成功させるために、地域実行委員会の結成と上映を支援していくこととしました。試写会に、地域で実行委員会になっていただけるような方に意識的に参加を呼びかけることにします。

 次回は実行委員会準備会とし、4月4日の正式結成に向けて、進行状況を点検するとともに、試写会成功に向けて打ち合わせをおこなうことにしています。