「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの『時の行路』『続 時の行路』『争議生活者』(新日本出版社)原作の映画「時の行路」に関するブログです。映画「時の行路」ついに完成しました。スタッフ 企画・中西繁 音楽・池辺晋一郎 脚本・土屋保文・神山征二郎 監督・神山征二郎 今春(2020年)公開。全国で30万人動員目指して頑張りましょう!

渋谷上映推進会議「五戸さんを囲んでの交流会」を開催!

 映画「時の行路」渋谷上映推進会議は、映画「時の行路」の主人公のモデルとなった五戸さんを囲んでの交流会を東京土建渋谷支部会議室で開催しました。(1月30日)

 当日、たまたま朝日新聞の取材を受けていたという神山監督にも参加していただきました。

f:id:eiga-haken:20200203145756j:plain

 五戸さんからは、生い立ちから、大手の靴の流通会社を皮切りに働いてきましたが、いずれの事業にも失敗し、いすゞ自動車派遣労働者として、3つのラインを一人で受け持ち、1日3600個のギアを作るラインもやってきたと仕事のなかみや家族の状況も詳しく語ってくれました。

 2008年年末に突然解雇され、翌年の1月に労働組合に入り、「メーデーで、2万5千人を前にして訴えたこと」「小山市役所に裁判をやるから生活保護をお願いに行き」全国で2番目の例になったこと。沖縄、鳥取、四国以外は全国各地のオルグに行ったそうです。北九州への片道の切符だけを持って、北九州、山口、広島、神戸、大阪と3人でオルグに廻り、それぞれの地域で支援を受けながら何とか帰ってこれた。」というような話もしていただきました。

f:id:eiga-haken:20200203153417j:plain

 五戸さんは、映画では「たまたま私が主人公として起用されていますが、いすゞ争議に関わったすべての人が主人公だと思っています。」と強調されていました。

f:id:eiga-haken:20200203154122j:plain

 交流会の参加者は、41名で「この映画を見てもらうことが、日本を変えていく力になる。9月に行う大和田さくらホールでの上映会を何としても成功させよう」と確認しました。

f:id:eiga-haken:20200203154145j:plain