「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

「もがれた翼」タイトルにはならず!!

ハケン」「時の行路」と仮題として使ってきて、前回の世話人会で「もがれた翼」を
仮題として確認しました。ところが、「東京弁護士会が、1994年から、子どもたち
と弁護士が作る芝居で、毎年いじめや虐待などについてその時々のホットな話題を
取り上げ芝居にしています」ということがその後わかりました。
 代表者会議で宮崎監督が、「映画のタイトル」について、経過説明をしました。
ハケン」という仮題を2年半使ってきたが、非正規労働者の中で「ハケン」に占める
割合は少ない。また、「時の行路」ではどんな映画なのかイメージがわかない。
「労働権」を翼にたとえ、静かな怒りと現代に生きる悲しみを込めて「もがれた翼」を
提案したが、先ほどの状況から、また東京弁護士会からも「使わないで」という回答も
きており断念することになりました。
 そして、監督についてもゼネラルプロデューサーに一任しましたが、映画の
タイトルについてもゼネラルプロデューサー中西さんに一任することを「代表者会議」
で確認しました。もう少しお待ちください。(続く)