「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

「働き方改革」法案は撤回を(東京過労死を考える家族の会代表 中原のり子さん)

 参院予算委員会中央公聴会での中原のり子んの陳述を紹介します。

政府が進める「働き方改革」において、不誠実なデータ問題が象徴

するように、多くの問題点が明らかになりました。

 労働時間の上限規制がなぜ月100時間なのか、理解できません。

厚生労働省によれば、脳・心臓疾患に関わる労災支給決定の半数以上

は、月100時間未満の時間外労働で起きています。

 除外業種・職種が広範囲に存在しているのも問題です。建設、運輸、

医師、教師など、とりわけ長時間労働による過労死が問題になっています。

 高度プロフェッショナル制の強行は、過労死遺族に対する裏切りです。

時間外規制を外し、残業という概念自体をなくすものです。あらかじめ

決められた額しか支給しない固定賃金制度です。

 対象業務も定まっていません。デイーラー、アナリストなどが例示されて

いますが、一度成立すれば国会審議をへず、簡単に拡大する危険があります。

年収1075万円以上の一部高所得者が対象といいますが、それも最初だけです。

ホワイトカラー・エグゼンブションの際、経団連は「年収400万以上が望ま

しい」としています。

 健康悪化の歯止めもありません。18年1月に新潟県で起きた過労死事案は、

保健師に相談した翌日に亡くなっています。

 「高度の専門職」という規定では、30~50代の専門職・管理的職業従事者

が該当します。この年齢層のホワイトカラーでは過労死・過労自殺が多発

している実態があります。

 小児科医だった夫は1990年に長時間労働が原因でうつ病を発症、自殺しま 

した。小児科医は天職と自負していた夫が、亡くなる前には「誰からも感謝

されない、くだらない職業だ」と言い残し、社会に絶望して亡くなりました。

こんなに苦しい思いをするのは、もう私たちだけでやめていただきたい。

 政府は(「働き方改革」一括)法案提出を取り下げ、実効性ある過労死

防止対策に時間を費やしてください。