「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

「時の行路」推進会議全国交流集会での中西ゼネラルプロデューサーのあいさつ

〇ゼネラルプロデューサーは、最後は財政的に責任をとると承知している。

〇田島一さんは民主文学の代表する作家。時の行路は大事なテーマを掲げている。

〇非正規労働問題は日本の雇用を考えると避けて通れない課題。賞味期限はない。

〇安倍政権は3つの矢の3番目。構造改革が進まない。

 むき出しの労働力コストを大企業のため、資本家のために下げようとしている。

〇それに反対する市民運動。国政を変えていく民主運動、文化運動。

〇短期的でなく長期に持続的に闘う一環の映画つくり。

〇運動を通じて新しいタイプの市民運動を起こし、成功させる。人の繫がりを作る。

〇映画は芸術的にも高度のものにしたい。興行的にも成功させる。

f:id:eiga-haken:20180313141114j:plain