「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

「時の行路」映画化製作・上映推進会議全国交流集会を開催!

3月10日(土)の午後から11日(日)のお昼まで、伊豆のアートビレッジ

で、全国交流集会を開催しました。広島と愛知からお二人ずつ,岡山・地元

修善寺西東京市・板橋からお一人ずつ参加、計20名で熱い議論をたたかわせ、

「映画製作」の決意を固めあいました。

 中西ゼネラルプロデューサーのあいさつ、参加者の自己紹介、「『時の行路』

映画化製作・上映推進会議」の今までの経過、各推進会議の状況報告の後

LLP(有限責任事業組合)の説明を受け、「どういう映画をつくりたいのか

(脚本を含めて)」「監督問題」「今後の取り組みについて」激論をかわしました。

 出された意見の一部ですが以下に記します。

・一つの例だが、八戸の寒風吹きすさぶなか、洋介が夏美に会いに行く、

 そんな映像が欲しい。

・安易な家族愛はイヤだが、本当の家族愛を描いてほしい。

・「非正規はだめだよね」とわかっている人ではない一般の人や若い人に

 見てもらえる映画にしてほしい。

非正規労働者の実態、残酷性を持った深さも描いてほしい。

・変に希望を持たせる必要はない。セリフは少なく映像で見せる映画を!

・頑張っていれば、家族・仲間の連帯が得られる。そのことが希望。

 そういうことを描いてほしい。

・この映画のテーマは闘い。相手をやっつけることではなく、仲間を

 多くつくること。

・「争議生活者」の中での洋介と夏美との関係を深く描いてほしい。

・洋介は、多くの組合員や家族に支えられて頑張ることができた。

 人間とにんげんのつながりが大事。そこを描いてほしい。

 

f:id:eiga-haken:20180312161229j:plain