「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

「派遣切り 団交の席着け」日産に要請・宣伝~畑野氏ら激励~

 先日ブログに書いた「日産の不当労働行為認定!」の記事の具体化

の動きが、 しんぶん赤旗 3月3日号に出ていました。

 JMITU(日本金属製造情報通信労働組合)と同神奈川地方本部、

日産自動車関連支部は1日、日産自動車日産車体の両社に対して

団体交渉を申し入れ、日産本社前で宣伝しました。

 JMITU神奈川地本は、両社などで派遣・期間社員として働き2009年

に解雇された組合員5人について、両社が団交を拒否したり、団交に

応じても不誠実な対応をしたりしたため、県労働委員会に救済申し立て

をしていました。県労委は、3人の派遣先企業だった日産自動車を使用者

として認め、団体交渉に応じて誠実に対応するよう求める命令を下し

ました、(2月27日)

 この日の申し入れで、日産自動車担当者は、元派遣社員の阿部恭さん

(55)らを同社内に入れ、申し入れ書を受領。「検討して返事をします」

と述べました。

 宣伝で阿部さんは、約9年間も労働者の声を無視し、ずさんな対応を

続けてきた日産に対して県労委が明確な判断を下したと強調。「日産は

まともな企業であってほしい。労働者の声を真摯に受け止め、話し合いで

解決する英断を一刻も早く下すよう心から願っています」と訴えました。