「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

海洋研 雇止め見直し!

以前「国立海洋研が雇止め!」の記事をブログに掲載しました

が、その後「海洋研 雇止め見直し」となった経緯が「しんぶん

赤旗 2月22日(木)」に掲載されましたので、ここに紹介

します。

 国立研究開発法人の海洋研究開発機構が、有期雇用労働者に

無期雇用転換できる権利を発生させないことを方針に掲げ、雇い止め

を見直すことが21日までに分かりました。

本紙が報じたのを受けて日本共産党国会議員団が文科省に対応を

ただしたのに対し、同機構が田村智子参院議員事務所に回答して

きたものです。

 同機構は人事部の内部文書で「法律上の転換権を発生させない

範囲で有期雇用を運用することとし、雇用を制限する」と明記。

無期転換権が発生する雇用期間が10年とされる職種は10年、

5年とされる職種は5年を超えてそれぞれ「雇用しない」とし、

無期雇用職の選抜試験に合格した一部の職員を除いて雇止めを

通告し、代わりの職員募集を行っていました。

 同機構の小西基彦人事部長は、方針文書について「無期転換権

を発生させないという表現は不適切」と認め、「改正もしくは

廃棄したい」と表明。雇止めについて「見直していきたい」と述べ、

具体的な対応は検討中だと説明しました。