「時の行路」映画 製作・上映推進会議のブログ

このブログは、田島一さんの小説『時の行路』映画製作・上映推進会議の事務局からの情報をお届けします。すべての労働者が人間としての誇りと希望の持てる働き方ができる社会をつくるために、一人ひとりがプロデューサーとして参加していただき、多くの人たちの力で映画化を実現させましょう。

本日(2月7日)の赤旗1面に「週28時間労働制獲得」の記事が出ていました。

ドイツの自動車、電機、機械産業などの労働者を

結集する金属労組南西地区と使用者側は、6日、

6回目の労働協約交渉で、最大2年間の条件付きで

週28時間労働制を導入することで合意しました。

8歳未満の子どもの世話や老親などの介護で必要な場合

通常の週35時間労働から、最大2年間、州28時間

労働に移行できるとしています。(中略)今回、給与は

減額されることはなく、画期的な内容となっています。

2019年から実施。というものです。

 日本の「働き方改革」とは大違い。~映画「時の行路」

製作・上映事務局会議事務局長 久保壽男~